建築物を巡るマカオ一日観光にアテンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
マカオ観光

  先日、香港マカオ二日間のツアーガイドのご依頼をいただきアテンドしてきました。 お客様のご希望で、1日目は香港の遺跡や観光スポットを巡り、2日目はマカオ観光でした。

今回のお客様は建築関係の方々でしたので、香港やマカオの至る所にある風変わりな建築物に興味を持っているご様子でした。

特に今回はお客様より「普通のマカオ観光ではない観光がしたい。」というご要望があり、行きたい場所の指定もあったので、ご要望を聞いた後、できる限り情報を集め、自分なりにしっかり準備をしておきました。


そんな二日目のマカオコースが私にとっては新鮮かつ挑戦的だったので、今日のブログではマカオ観光で巡った場所やレストランを書いてみたいと思います。

マカオ大学を散策したあと大学内で飲茶


マカオ観光の日の朝は、香港の尖沙咀(チムサーチョイ)にある中港城からフェリーでマカオへ移動。約一時間フェリーに揺られマカオへ到着。タイパフェリーターミナルからはタクシーに乗り、15分ほどで最初の目的地マカオ大学に着きました。

マカオ大学

校舎内を少し散策したあと、大学の敷地内にある飲茶でランチをしました。

マカオ大学内で食べられる飲茶

ここは、マカオ大学の中にある富臨軒というレストランで、伝統的な飲茶をリーズナブルなお値段で楽しむことができます。

MGMコタイでデジタルアートショーを楽しむ

飲茶の後は、72番バスで市内に戻り、ホテルとホテルの間を無料で走っているシャトルバスを利用して、MGMコタイというホテルへ移動しました。

MGMの見どころはキンキラの外観だけではなく、屋内では「スペクタクル」というショーもやっていて、私たちはそこで美しいデジタルアート画像の変化をコラージュで楽しむことできました。

MGMコタイ

写真では分かりづらいのですが、壁のピンクの部分がデジタルアートによりダイナミックに変化します。

いよいよマカオ観光のハイライト!モーフィアス見学

今回お客様が一番楽しみにしていたのがここモーフィアスホテルです。MGMコタイから出て徒歩15分ほどの場所にありました。見てください!この奇想天外な建物。

(Morpheus)

故ザハ·ハディド女史が設計を手掛けたモーフィアス (Morpheus) ホテルは、調べによると、世界初の自由造形による外骨格鉄骨構造の高層建築だそうです。

この独特な建物を眺めながら、建築デザイナーのお客様たちは、私には全く理解できない専門用語で会話を弾ませ、シャッターを押し続けていました。

モーフィアスホテル ロビー

こちらはモーフィアスホテルのロビー。外観だけでなく中も見応えがありました。

マカオ観光の締めくくりはミシュランガイド掲載のポルトガル料理

メインの観光がおわり、最後はマカオ半島にあるロウリムイオック庭園に移動。少し散策したあと近くにある聖ポール天主堂跡をサッと見て、観光地の人混みをあとにしました。

そろそろ皆さんもお疲れの模様(^-^; 最後はそんな皆さんをミシュランガイド掲載の有名ポルトガル料理店「船屋葡國餐廳(A lorcha)」にお連れし香港マカオ二日間の旅を締めくくりました。

フリーランスとしてのお仕事は収入が不安定だったりと正直チャレンジングな面もありますが、こうやって色んな方と出会い、アテンドしながら、自分も様々な知識が身に付き日々成長していけることが最大の楽しみです。

香港・マカオ・深センでの旅のアテンドのご依頼受けております。ご興味のある方は是非「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。皆さんのオリジナルの旅を作るお手伝いができたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*