香港へ現金を持ち込む際に申告手続きをしてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
香港現金持ち込み申告

こんにちは。香港でフリーランスの通訳をしてます、ダービー・ピンです。

 

先日の記事にも書きましたが、香港では今年の7月16日から12万香港ドル(今の為替だと大体170万円ぐらい)以上の現金等(現金,小切手,約束手形,無記名債権,トラベラーズチェック,為替,郵便為替)の持ち込みが申告義務化されました。

 

この新しい条例は、別に12万香港ドル以上を持ち込むこと自体が違反ではなく、持ち込むときは申告してくださいね。ということなのですが、

 

ただなんとなく「12万香港ドル以上持ち込んで申告したら一体何が起きるの?課税の対象になるの?」と、分からないことが多く、だからこそ不安になります。

 

そんな中、先日香港で駐車場を購入した関係で、12万香港ドルを少し超える現金を香港へ持ち込む機会があったので、実際に香港の税関で申告してみました。

 

今日はその時の体験談を書いてみたいと思います。

 

私の場合は中国からの現金持ち込みだったので、以下は深セン湾口岸のイミグレーションから香港へ入った時の体験談です。

 

税関で「申告あり」Declareのラインに並ぶ

中国深センから香港に入境する際Declare(申告あり)の通路を通りました。

 

税関職員に現金を持っているので申告したいと伝えると、申告の手続きをするエリアへ連れて行ってくれました。

 

申告用紙の記入

ここでまず、申告用紙に記入します。

現金持ち込み申告用紙

申告用紙(英語版と中国語版)

個人情報などを記入していき、最後に持ち込む金額を記入する欄があります。

 

ここでは、その時持っている全ての通貨の金額を記入する必要があります。財布やポケットに入っている小銭も全部出して申告用紙に記入しました。

 

申告書類の記入が終わると、続いて個室に案内されました。

 

個室で税関職員から質問

個室には税関職員が二名いて「これからの会話を録画しても大丈夫ですか?」と聞かれました。問題ないですよと伝えると、機械を回し始めました。

 

そして、まず、持ち込んだ全ての現金を机の上に出すようにと言われました。(コインも全て)

 

その後、以下のような会話のやりとりがありました。

 

職員:現金は全て自分のものですか?

私:はい

職員:それは自分の蓄えですか?

私:はい

職員:全部でいくらですか?

私:●●●元です。(申告用紙に書いた金額を伝える。)

職員:このお金の使い道は?

私:香港での生活のためです。

職員:わかりました。お金を全部しまって大丈夫です。最後に私達があなたの現金をとっていないことを証明するため、ここにサインしてください。

私:はい。わかりました。

 

そこにサインをして、録画もここで終り、現金持ち込みの申告は終了しました。

 

生まれて初めての申告でしたが、終始嫌な思いをすることなく、もちろん課税されるということもなく、無事終了しました。

 

あくまで私の体験談なので必ずしも同じ流れになるかどうかは分かりませんが、ご参考まで。

 

※上記はあくまで香港入境時の規制です。ちなみに現在中国から国外に持ち出せる現金は2万元までです。今回は友人達数人と深センに行った帰りだったので問題なかったですが、多額のお金を国外に持ち出すときは、持ち出す側の国の規制もきちんと調べておく必要がありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

  1. 甲斐 より:

    はじめまして。
    記事を拝見させていただき参考になりました。
    一点教えていただきたいのですが、香港での申告手続きは、所要時間はどれくらいでしたでしょうか。
    よろしくお願いします。

    1. darby より:

      >甲斐さま

      せっかくコメントを頂いていたのに、見落としておりました。
      本当に大変申し訳ございませんでした。
      今更のお返事ですが、申告手続きの所要時間は私の場合15分ぐらいでした。

コメントを残す

*