紅磡(ホンハム)B級グルメ、私の行きつけの米線屋さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
3つトッピングした米線

6月21日(木) 曇り時々雨 29℃-33℃

ここ数日天気がスッキリしなくて、傘を忘れて出掛けちゃうと、途中で土砂降りに降られることもあります。

今日もいつものように尖沙咀で通訳の仕事が終わって、6A(黃埔新邨・德民街行き)の緑のミニバスに乗りました。

するとホンハム駅を過ぎたところから急に雨が降り出したので、大好きな街市で買い物するのを諦めて、そのまま終点まで乗りました。

実はミニバス6Aの終点(黃埔新邨)には、私の10年間行きつけの米線(中国のライスヌードル)屋さんがあります。

そのお店の名前は、景霖正宗四川麻辣米線(Chinese Noodle Restaurant
ホンハム 米線バス停から降りてすぐなので、ここで雨宿りのついでに夕食も済まして帰ることにしました。紅磡 米線米線のメニューの見方ってちょっとややこしいけど慣れると簡単です。
メニューの見方

ここの米線には最初から湯葉(腐皮)・ニラ(韭菜)・ もやし(芽菜)が入っています。

 

その上にトッピングを1つ選んだらHKD32、2つ選んだらHKD38、3つ選んだらHKD44、4つ選んだらHKD50と、HKD6ずつ加算されるシステムです。

 

湯葉は最初から入ってるけど、私は更にその上に湯葉(腐皮)空芯菜(通菜)大根(蘿蔔)をトッピングしました。

 

他にも色んな美味しい食材のトッピングがありますが、自分はいつも同じものを選んで中々挑戦できないタイプです。

 

辛さは選べます。辛いのが好きな方は小辣からチャレンジするのがオススメです。

 

私は中辣(中辛)が一番好きです。

 

今日は三種類のトッピングなのでお会計は44ドルでした。現金しか使えません。3つトッピングした米線もし18時前に入店すれば、アフターヌーンティーセット(AかB)が36ドルであります。

 

●Aは米線にお好きなトッピング一種類と手羽先焼き
●Bは米線にお好きなトッピング二種類

どちらも豆乳が無料でつきます。

 

残念ながら、今日お店に入ったのは6時半頃だったので、無料豆乳は諦めました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*